テレビが無い・テレビを見ない生活 メリット、デメリット

スポンサーリンク

2011年7月24日、地上波放送はアナログからデジタルに切り替わりました。思い出します、地デジ化直前、テレビ買い替えの駆け込み需要。販売店は今が一番安く買えると宣伝し、テレビを大量に販売してかなり利益が出たことでしょう。

単純にテレビを買い替えるタイミングを逃した

テレビ買い替えラッシュの時期、考えると全世帯がテレビを買ってしまったら、地デジ切替え後には、テレビは1台も売れなくなるんじゃないの?そうなると売れないテレビを大幅に値下げして売るしかないんじゃないの?絶対あとで買った方が安くなるよね?と、そう信じていたので、僕は地デジ化になる前にテレビを購入しませんでした。

我が家のテレビ、20インチブラウン管のまま、アナログ終了のカウントダウンを楽しみながらテレビを見る毎日でした。

きたる7月24日、ついにアナログ放送が終了してブルーバックの画面になりテレビが見れなくなりました。

そこからが僕のテレビを見ない生活が始まりました。本当は、テレビを買おうと思って、安くなるタイミングを見計らっていたのですが、値段が安くても「まだ安くなるんじゃないかな」「買うの来週でいいかな~」「今月忙しいから来月買うかな~」などと、そうしているうちにどんどん日数が経過し、1か月、2か月と経過してしまいました。

この時に「あれ、なんか意外とテレビ無くても不便しないな。」と思ったのです。

テレビを見ていた時代は、毎週日曜日19時~23時ぐらいまで必ずテレビを見ていたと思うのですが、この時間が空白になり、趣味のことだったり、家事ができたりすることに気づいたのです。

不便なこともあったが現代はそうでもない

当時はやはり、周囲の会話でお笑いや時事関連などの話題についていくことができませんでした。もともと世の中には興味ない人間だったため不便ではあるが不便とは思っていませんでした。今考えたらどれだけ世間知らずな自分だったのでしょう。今思い出すと恥ずかしいです。

しかし、ここ数年でインターネット業界が急激に発達し、twitterやFacebookなどのSNSが当たり前となり、Youtubeもここ2~3年で人気急上昇して「ユーチューバー」という職業も存在しています。テレビを見ないことで芸能関係やその他ニュースなどを知ることができなかった時代が変わり、今では旬な芸能関係や時事の情報がネットニュース、Youtubeなどですぐに公開されるので、流行などにも遅れることは無くなったと思います。

あとは年齢的にも時事関係も意識するようになり、今ではYahoo、地方新聞、建設新聞などのネットニュースを日々チェックするようにしています。紙面の新聞と比較するとやはり目に入ってくる情報量は少ないとは思いますが、現状はほとんど困っていないです。逆に毎朝テレビでニュースを見て、新聞を読んでから出社して来ている年齢層の高いおじさま方と会話していて「え?今そんなこと起こってるの?」と言われることがあるぐらい、ネット情報の方が先行している場合もあります。

それでもテレビを購入した理由

結局、僕はテレビを購入しました。購入したのは2013年12月です。2011年7月から2年半近くもテレビが無い生活を送っていたようです。買った頃は「おぉ~テレビが映るーー!」などと感動してそれなりに番組などを見ていたのですが、やはりテレビを見ない習慣が身についてしまっていたため、テレビを付けていても自然とインターネットの方に目をやったり、家事を始めたり、どうもテレビだけを集中して見るという動作ができなくなっていました。

でも、実はそうなることは最初から分かっていたわけで、テレビを購入した本当の目的パソコンのデュアルモニター化のためです。ひょっとしたらテレビを見ることがあるかもしれないな~と思ってパソコンモニターとしても使えるテレビを選んで購入しました。

デュアルモニターの件については、今は関係ないので割愛しておきます。

 

テレビを見ない生活のメリット・デメリット

メリット

・時間を有効に使える。趣味に時間を費やせる。

・マスコミや変なCMに影響されない

・どれだけ酔っぱらって帰ってきても深夜のTVショッピングで衝動買いすることがない

・電気代が節約できる

・お笑いを見なくなった分、他に笑える物事(新しい楽しみや趣味)を探すようになる

・テレビを無くせば、部屋が広くなる

・テレビは一時停止などできないから腹痛我慢できなくてトイレに行ったら見逃してイライラする。ということが無くなる。

デメリット

・テレビを見る人に比べれば取り込める情報がリアルタイムではない(朝、天気予報をネットで確認して家を出たが、予報と違って雨が降っていたなど)

・深夜にどれだけ酔っぱらって帰ってきてもTVショッピングで買い物はしないが、代わりにインターネット通販でポチッとやってしまう(TVショッピングより無駄遣いかも)

・芸能関係だと本当に旬な情報しか入手できないため、中途半端な人気の芸能人のことは全く知らない。

・ローカルな情報が入手しにくい(地元の事故や事件などテレビでは朝のニュースで放送されるがネットには載らない)

・ネット上ではTVCMは流れないため話題になったCMなどを知らない(「誰々の出てるあのCMですよ~」と言われてもわからない)

・テレビっ子と話題が合わない

・芸能人に興味がなくなる(多分有名人に合えたとしても、興奮もしないと思います)

・意識的に自分から情報入手する努力をしないと、自分の好きな分野しか知識が無くなる

まとめ

僕は今日まででテレビを見ない生活5年半経過しましたが、相変わらず時間を有意義に使えていると思います。今でもテレビを見る毎日を送っていたら、こうやって独自ドメインを取得してまで本格的なウェブサイトを設立することは無かったと思います。僕のプロフィールで紹介している動画のような作品を制作する時間も取れなかったと思います。(そもそもこのウェブサイトが有意義かどうかは何も言わないで下さい・・・)

今後もテレビを見ない生活を継続していく予定です。でも最近テレビ見ましたけどね。年末年始に実家に帰省して、紅白を見ました(見させられた)。2016年5月に女子バレーボールを見ました。でも見ようと思って付けたけど結局5分ぐらいで消しましたけど(笑)
なので自宅で最後にテレビを付けたのは、半年前ですか・・・。

人それぞれ生活スタイルがあるので、どちらが良いとは断言できませんが、せっかくこの記事を読んで頂いたのなら一度自分の生活を振り返ってみて、試してみるのも悪くはないかもしれませんよ。責任はとりませんからね(笑)

この記事がイイと思った方は、感想コメント・SNSシェアなどお願いしますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー