眠れない時に眠れる方法のほとんどは役に立たないからやめた方がいい

スポンサーリンク

過労社会の日本。限られた短い時間でぐっすり眠りたい。皆さんそう思ってこのページにたどり着いたはずです。そんな僕も毎日寝不足で、朝はギリギリまで起きれず目覚ましを止めてしまって寝過ごしそうになる日々を過ごしています。寝よう寝ようと思ってもなかなか寝付けない。そんな人はかなり多いと思います。

頼みのインターネットもイマイチ役立たず

寝付きが悪い、眠れない、朝起きれない。毎日ぐっすり眠りたい。そんな人はインターネットでグーグルなどで検索して解決策を探すわけですが、科学的根拠をもって色々と紹介されているサイトが多いですね。しかし、今の日本の庶民には役に立ちません。今回はそのことについてダラダラと書きます。
特にストレスが多く、眠れなくて、睡眠不足、過労で困ってこのページにたどり着いた方は、こんな記事を読んでないで早く寝るか、今すぐ心療内科へ行って診察を受けて下さい!

眠りに関してのインターネットの検索結果

寝る3時間前には食事を終わらせるとかテレビをみたりスマホやパソコンをやらない。

寝る前に炭酸水を飲む、ホットミルクを飲む。

部屋を薄暗くする。

寝具(布団や枕)を変える(買い替える)。

ぬるめのお湯で30分程度入浴する。

リラックスできる曲を聴く。

その他。。。

もう、バカじゃないの?とまでは言いませんが、寝る3時間前に食事するとかテレビ見るのやめるとかスマホやらないとかって、だいたい忙しい日本人、寝る1時間前に仕事から帰宅したらどうするの?寝る1時間前に会社でパソコン仕事してたらどうするの?
22時~夜中2時まで睡眠のゴールデンタイムって言うじゃないですか。仕事が定時で終わって18時に帰宅したとしても、22時に寝るには3時間前の19時に食事からテレビから何まで寝るために全部やめなきゃいけないっていう状態。帰宅後たったの1時間後にはすべてを犠牲にして寝るのを待つだけというのは確実に無理!帰宅後すぐ夕食食べて、その後部屋を薄暗くして川のせせらぎの自然の音を流して、22時までただ黙って座禅でもしてろというのでしょうか(笑)
却下!

寝る前に炭酸水を飲む、ホットミルクを飲む、その他何々を飲むっていうやつも、飲んだところでほとんどの人は寝付きや睡眠の質が変わるわけありません!喉が渇いてない限りはそんな飲料飲んでいる時間があったら早く布団に入りなさいと言いたくなります!
却下

部屋を薄暗くするのは、その状態でテレビやスマホ画面なんか見ようものなら視力低下につながります!
却下!

寝具を変えるっていっても、安い寝具はすぐペラペラになるし、高い寝具なんて一般人には買えませんから!安い寝具でも快眠できている人がいるのだから、そうなるようにしないとダメでしょう!
却下!

ぬるめのお湯で30分程度入浴するというのも、忙しい日本人、毎日毎日入浴に30分も時間費やせるわけがありません。仕事で帰りが遅くてあと3時間しか寝れないという人もいるかと思いますし、そんなときに30分も入浴してたら、2時間半しか寝れなくなり逆に寝不足度は増すばかり。間違ったら入浴中に寝てしまい溺れてしまいます。
却下!

クラシック音楽や川のせせらぎの自然音などリラックスできる曲を聴く。つまり副交感神経を活発にし体がリラックスした状態にして睡眠の質を高めようという目的ですね。
でも、実際に聴いてみると、つい冷静になってしまい翌日の仕事のことを考えたり、余計なことを考えてしまい、落ち着いたとは言えない状態になってしまいませんか?せっかく帰宅してからの自由時間、Jポップやロックなどの好きな音楽聴いてストレス発散したいです!
却下!

どうしても睡眠の質が悪い場合は心療内科へ

時間はあるのに寝付きが悪い、睡眠が浅いなど睡眠の質が悪い人は睡眠導入剤や睡眠薬の検討を。
心療内科は、うつ病などで心が病んでいる人などが行くイメージがあるかもしれませんが、初診の診察はかなり時間をかけて自分の生活状況を聞いて相談に乗ってくれます。僕も別な記事で書きましたが、日常生活ができなくなる程に体調を崩したにも関わらず、心療内科のおかげで今のほぼ健康な体に戻っています。睡眠の質が悪いというのはストレスなどの影響で自律神経が狂ったりして寝ようと思ったら目が覚めてしまったりしているせいです。そういう症状は心療内科が得意なはずですので、一度気軽に受診してみることをオススメします。放置しているとうつ病などの精神的な疾患から身体的な不調まであらゆる病気にかかる可能性があります!

ボクは一時期睡眠導入剤に頼っていましたが、もう睡眠は完璧です。薬の効果が若干残るためスッキリというわけではありませんでしたが、寝れないよりは生きている気がしました。

根本的に睡眠時間が短い場合は環境を変えるべき

仕事が朝早く夜遅くて毎日3時間4時間しか寝れないという方は、仕事環境の改善や転職などの検討を。このまま働き続けても体壊すだけです。自宅と職場の往復の繰り返しだけで、何のために生きてるかわからない状態では人生楽しくないですよ!人生一度きりです。動きだすなら体壊す前に。

まとめ

・寝る直前までテレビやスマホ、食事、何をやってもいい!ストレス発散になる!
・睡眠の質が慢性的に悪い人は心療内科を受診して医師に相談してみる!
・睡眠時間が物理的に取れない人は環境を変えることを検討する!

※この方法に科学的根拠等は一切ありません。あくまでも僕の考えです。「忙しい現実社会での科学的根拠調べるなど余計な労力を消費せずに睡眠で疲れを取る手段はコレだ!」というだけです。

この記事がイイと思った方は、コメント・SNSシェアなどお気軽に!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー