楽天VS 0 SIM 紅白歌合戦ならず紅白通信合戦の勝敗は?

スポンサーリンク

年末と言えば、紅白歌合戦ですが、僕はそれどころではありませんでした!今使っているSIMは楽天ブロードバンド(現楽天モバイル)2GB900円プラン。そして以前から紹介している0 SIMの音声通話付プラン。これらが年末31日にどの程度使えるのかを比較してみました。

結果は紅組が圧勝!!

いきなり結論ですが。。。
0SIMは前から、平日昼休み中は繋がらないという症状が出ていますが、やはり年末年始も皆さん1年の思い出話や来年の目標などをLINEやSNSなどで友達とたくさんやり取りしている方が多いと思います。そのせいか、12月31日は夕方以降~深夜にかけてはウェブサイトの読み込みが途中で停止してしまうことが多かったです。あまりにも回線貧弱過ぎませんか?0 SIM。。。回線速度「数kbps」とかじゃないの?(笑)


まったく読み込まなくなったので、お次は楽天SIMに切り替えてみました!そうしたら一瞬で勝敗が決まりました。若干もたつきはあるものの、ウェブサイトが至って普通に表示できました。ツムツムも久々に起動したのですが、0SIMでは読み込みが超遅く0.1%・・・0.2%・・・0.3%・・・という感じで全然進まなくてあきらめて、楽天SIMで起動し直ししたら、5%・・・23%・・・50%・・・完了みたいに短時間ですぐに終わって無事ツムツムが起動できました

0SIMは通話専用で通信はおまけ程度である(?)

というわけで結果を見て一目瞭然。0SIMの将来に期待してauを解約してまで契約したのですが、平日昼休みだけではなく年末年始についても楽天ブロードバンドSIMに軍配が上がりました。現在は楽天モバイルとなっておりプランの内容も色々と変わっていますので別な回線かもしれませんが、楽天モバイル混雑でもそれなりに使えるということが推測されます。やはり0円運用可能なSIMを提供するMVNOと最低プランでも料金を徴収するMVNOでは差があるようです。あまりにもはっきりしすぎて回線速度を測定するまでもありませんでした。平日昼休みは楽天SIMも結構遅くなる時あったのですけど(0 SIMほどではないですが)。。。
通信業界の先読みが甘かったです(T T)

ということで、今後0 SIMは、通話700円分しか支払いをしていないのでおまけ程度に無料で500MBが付属しているという考えで行こうと思います。SIMが2枚入るから、FREETELのSIMなども試して比較してみたいです。そうすれば次回は楽天 VS FREETEL の勝敗が決まります。

やるかやらないかわかりませんが今のところはお楽しみに!

※今回のテスト機はFREETEL Priori3Sで行いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー