知識の無い初心者がブログ始めるために準備したもの。第1回

スポンサーリンク

現在2016年1月2日。2016年12月25日TANTYO WEB開設してからあっという間に一週間以上経過しました。
開設に至るまで、その他今後の運営に必要なものについて経緯などを報告致します。

その1 始めにサーバーのレンタル、独自ドメインの取得

サーバーのレンタル、無料のものはやめましょう!

まず最初に準備するものは、サーバーをレンタルすることです。サーバーとは・・・私も素人なのでよくわかりませんが、世界中からアクセスできるパソコンとでも言っておきましょうか。記事のデータなどを保管しておく場所です。このサーバーが24時間365日起動し続けていることにより、世界中の誰もがいつでもアクセスできるようになります。

個人でサーバー用のパソコンを準備して構築しても良いですが、24時間365日パソコンを起動しっぱなし、電気代も100Wとかそれ以上、24時間電子レンジの生解凍をやっているようなものです。毎月1万円?2万円?想像がつきません。しかも、サーバー1台が突然故障したときのために1台予備を準備し、常に世界中からアクセス可能な状態にしておく必要があるんです。個人の次元では安定したサーバーは無理ですよね?だからしっかりした企業が運営しているサーバーが間違いないです。

無料ブログは簡単に始められるけどオススメしません!

サーバーは何でもいいのですが、とにかく安定したもの、高速なものが良いです。そして本当に本格的にやるつもりなら有料の物が絶対良いです!
なぜかというと、例えば無料のサーバーで一流芸能人御用達のアメブロであったり、僕が現在使用中のSeesaaブログ、その他無料というとYahooブログなどは突然メンテナンスを行って一時的にアクセス不能になったりすることがあります。また、滅多にないですがサーバー管理者が運営をやめてしまった場合、すべての記事が一瞬にして失われてしまいます

僕が一度経験したのはSeesaaの前に使用していた某サーバーは個人の方が自宅でサーバーを運営していたため、設備投資にも限度があり、様々な大人の事情で運営終了となり、2004年に始めたブログは何年分も全部なくなってしまいました。このようなリスクがあるということを承知であれば、気軽に始められるという点では、すごく使いやすいというのが一番のメリットですが、

99.9%安心という面ではやはり、有料サーバー!!

独自ドメイン取得

独自ドメインとは、このサイトであれば「tantyoweb.com」というURLのことです。僕はインターネット上ではTANTYOという名前でかなり通ってしまっています。単純にその理由で「tantyoweb.com」というURLが欲しいと思って、ドメイン取得しました。
無料ブログなどはSeesaaであれば「〇〇.seesaa.net」、アメブロであれば「ameblo.jp/〇〇」というように決まっていて、〇〇の部分が任意の文字が入れられても、seesaaやamebloの文字が入ってしまって、自分のウェブサイトじゃないような感じになってしまいます。多かれ少なかれお金を払うことにより、tantyoweb.comのような自分だけのオリジナルURLを取得することができます。
これは有料サーバーをレンタルすれば、その契約先でドメインも取得できます。僕はエックスサーバーという有料サーバーをレンタルしていて、申し込みしたときに「独自ドメイン1つ無料」で、ドメイン1つを無料で取得できました。ドメインの取得料金も年間1,500円維持費がかかるようですがどうやら僕は無料みたいです!エックスサーバーでは定期的にこのようなセールをやっています。興味があったらぜひチェックしてみてください。

サーバー選びは慎重に、でも迷わないで。

サーバーを決めたら、あとで引越しすることはできますが、一つのサーバーで一生サイトを運営していくことになるかもしれませんし、収益を望んでいる方には、すぐ画面が表示されるなどといった第三者が快適にアクセスできることによって直接収益に関わってくるものとなりますので、よく考えて選定しましょう。でもいつまでもサーバー選定に時間をかけていてはただ時間が過ぎていくだけです。そういうときはインターネットで世の中に助けを求めましょう。私がエックスサーバーに決めたのも、ググッた結果です。一番安定していて速度も速いという情報がたくさんあったためです。それですぐに決めて、試用期間無くすぐに支払いして契約しました。それぐらいエックスサーバーはダントツに良いサーバーみたいなので、とりあえずオススメしておきますね!僕は素人なので細かい部分がどうとか言うことはできませんので、「Xサーバー エックスサーバー ブログ オススメ」などで検索していただければすぐにわかりますよ!

その2に続きます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー