PC作業時のブルーライトによる眼精疲労対策 その2

スポンサーリンク

PCモニタの色温度を調整してブルーライトをカットできるソフト「f.lux」を前回紹介しました。
f.luxはソフトウェア的にブルーライトをカットするものですが、今回は物理的にブルーライトをカットするものを紹介です。

世に数多く出回ってからもう何年も経っているので知名度はすでにかなりのものですが、「パソコン用メガネ」「PCメガネ」はご存知でしょうか?

レンズに特殊なカラーを入れて、ブルーライトをカットするという商品です。仕組みはf.luxと同じで、このメガネをかけると青みが軽減されて世界が黄色っぽく見えます。効果のほどは、f.luxと全く同じで、絶大なる効果です!

僕はf.luxとPCメガネを併用して使用していますので、どれだけブルーライトをカットしているんだ??という感じですが(笑)
でも超超超超スーパーミラクル目に負担をかけてないのは間違いないです。就寝直前までパソコンばかりやっていますが、寝付けないとかそういうことは一切ないと思います。10分で寝付けていますから。

僕が主に使っているメガネは今や大人気の「JiNS」のPCメガネを使っています。
ブルーライトをカットする度合いもレンズの種類によって違い、デイリーユース、ヘビーユース、ナイトユースの3種類があり、ブルーライトをカットする比率は、

デイリユース 25%カット
ヘビーユース 38%カット
ナイトユース 60%カット

ちなみに上の画像はナイトユースで、完全に黄色レンズです。サングラスか?というほど色がついています。

JiNSのメガネはセールのときに買うとすごく安くて、度付き&ブルーライトカットのレンズにしても1万円しないで買えます。気になる人は調べてみてください!

ボクはパソコンをするときは近視度数最弱の-0.5度を使って、夜間の運転など視力を要するときは-0.75、そして仕事用&プライベート用を使い分けています。
そんなわけで、メガネの数は結構な数になってしまいましたが、全部1万円しません。

あ、1つだけ高いのありました。一番右下は一番最初に作ったPCメガネで、この時はメガプリで作ったものです。レイバンで3万円でした・・・。高いけどJiNS PCより光の反射が無くて品質は良いといえば良いですね。それ以外はすべてJiNSの安物で、ヘビーユース3個とナイトユース2個あります。

しかし、視力がそれほど悪くないってお金かからなくていいですね~。免許の条件も裸眼で目を細めれば0.7に達するので、眼鏡使用なしです!!昔は裸眼1.5あったんだけどなぁ。

話は戻って、PC用メガネ、これがまたやめられなくて、所持している度付メガネは全部PCメガネになりました。つまり、PCをやるときじゃなくて、外出する時でも常にPCメガネです。日常生活においても紫外線だけじゃなくてブルーライトは存在しています。夜間の車の運転時、対向車のヘッドライト。店舗内の照明。日中の太陽光。PCメガネを一度使ったら、もうこれらのブルーライトの刺激に悩まなくて済みます。透明レンズのメガネにはもう戻れません。

自分の近視度数と瞳孔の間隔(mm)がわかれば通販でも買えますし、店舗でも格安にて買えるようです。JiNS、オススメします。

あれ?なんかJiNSの宣伝になってしまったかな?笑

PCメガネ最高!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー