ウェブサイトの収益化 Google アドセンス 審査通過しました

スポンサーリンク

2017年1月18日本日、審査通過が難関とも言われ始めているアドセンス、一部以外は難なく通過して、無事広告の発信が可能になりました。

第1の目標がGoogle Adsense(アドセンス)だった

僕が2016年12月25日にブログを始めて、実は第一の目標がこのアドセンス審査通過でした。事前調査では「半年以上審査が通らない」「何回も落ちてる」という情報も多く、結構大変そうでしたが一方では「記事が5個ぐらいしかなくても審査通った」とか「アクセスがほとんど自分だけなのに通った」というコメントもありました。

Google側はロボットでも人間でも審査を行っているということですので、行う側の立場になれば当然僕が昔から書いてきたただの1日の出来事などをダラダラ書いていても、収益性が無いので通るわけありません。自分が審査員だったらそんな無駄なブログ一瞬で不合格出します。

広告主としてはもちろん皆さんに商品購入にまで至って欲しいのだから、商品をオススメしたりするのが一番最良の方法なのではないでしょうか?

申請までにやったこと

ということで2016年12月25日以降、1日平均1記事を目標に、なるべく「数年後も読んで役に立つ記事」になりそうなネタを優先的に取り上げるようにし、それなりの文字数で更新を続けました。

あとは「プライバシーポリシー」を作成するというのも必要らしいので、それなりに作成しました。

記事は途中から、段落を付けるようにしたり、写真や絵などもつけてわかりやすくするなどして、自分で後から読んでも他には無い面白さがあると思えるぐらいの記事になるよう努力しました。(なってるかはわかりませんが)

何回も言いますけど、アパコートの記事、あの写真は奇跡です。何回見ても良い写真です。しかも最後に10本大人買いというネタ、絶対誰もやらないでしょ?こういう写真がたまにあるとやっぱり最後まで読みたくなるでしょ?

ビフィーナSも最後10箱大人買いしてるし(笑)

TANTYO WEB、10個買いシリーズ化しますか?(笑笑笑)

こんな感じで、半分はアドセンスなんか気にしないで自分が楽しんで記事を書いていただけですけどね!趣味だからツラくなんかないですし!

申請から合格まで

1次審査通過できるだろうと思えた時のブログの状態は、

1次審査申請日:2017年1月11日23時頃
記事数:22記事(TANTYO WEB始動~ビフィーナSが役に立たない生活例 まで)という状態でした。

1時間後ぐらいにあっさり「審査が完了しました。広告コードを挿入してアカウントの有効化手続きを完了してください。」みたいなメールが来て、2次審査です。すぐにコードを挿入して申請したのですが、実はこの時間違ってしまい、「広告ユニットを作成してから」というのを忘れて、作成しないままのコードを挿入して申請してしまいました。

合格してから気づいたのですが、それ以前にコードを挿入する場所を間違っていて、ずっと「お客様のサイトを審査しています。サイトの審査には最大で3日間かかります。」という審査中のまま3日以上停滞していました。。。

これ、きっと何か間違っているなと思って、よくよく調べたら、広告コードは「<head>タグの直後に挿入する」ということでした。

修正後、数時間後にGoogleからメールがきてあっさりと「おめでとうございます!アカウントの承認手続きが完了しました。」という合格の連絡が来ました!・・・これ、きっとコード挿入場所間違えなかったら、1次審査~合格まで1日~2日だったと思います。というか、広告ユニット作成しないでコードを挿入しても審査通るんですね?ビックリしましたよ。Googleアドセンス、なんかこんなにあっさり合格していいの?なんだか半年も1年も審査通らない皆さんに悪いですね。。。

2次審査用のコード貼り付け方法

わかるまでなぜか苦労したのでコード挿入場所備忘録的にメモしておきます。

ワードプレスの管理画面で「テーマの編集」から「編集するテーマを選択」子テーマではなく親テーマ「stork」を選択します。(僕は有料のストークというテーマを使用しています。)

右側のphpの一覧からテーマヘッダー(header.php)を選択します。そうするとテキスト内に<head>のコードがありますので、改行して作成したAdsenseのコードを貼り付けてください

機械的な審査だったのかわかりませんが、僕はこの作業後数時間で合格メールが来ました。

可能性を秘めたサイトに

無料ブログをダラダラ12年もやってきてすでに後悔していますが、ウェブサイト設立してからというもの、これからまた新たな世界へ足を踏み入れて日々新鮮な感じです。

誰でもそれなりに収益性のあるウェブサイトが運営できるようになったため、本業並みに稼ぐのは99%無理ですが、誰もそんなことをやっていない時代にもっと早く勉強して始めていれば、今頃きっと本業を超えていたかもしれませんね。これからTANTYO WEBはどうなるかは僕にもわかりませんが、あくまでも趣味のついでにお小遣い稼ぎというスタイルを保ちつつやっていきますので今後とも新生TANTYOを宜しくお願い致します。

イイと思った方は、感想コメント、SNSシェアなどお願い致します!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー